TOP
コース紹介
スケジュール
入会案内
アクセス
facebook


    <体操パワハラ問題、その後・・。>


日本体操協会のサイトに、第三者委員会の調査報告書(要約版)PDFデータで43ページ分が公開されていますので、偏ったニュースよりも自分で読んで確かめてみてください。

≪パワーハラスメント問題提起に関する第三者委員会の調査報告書について≫ https://www.jpn-gym.or.jp/news/27712/


一部抜粋 28ページ
「なお、速見コーチの宮川選手に対する暴力行為は、ここ1〜2年の間に始まったものではなく、Yクラブ所属時代から繰り返し行われており、周りのコーチや選手にも知られていた(略)」

Yクラブってセインツね・・。立教の体育館でのことですね・・。1〜2年ではなく7年間です。そして今も、代わりに入った先生が見えないところで足蹴にしていると・・。

__________________________


2019年3月26日追記
今年はラビッツの生徒から5人、ギネスに挑戦させる事が決まりました。全員は無理かも知れませんが、3つ以上タイトルは取れるでしょう。

無謀なオリンピックより、確実な世界一を取りにいきます。それも1万人に1人じゃなく、20〜30人に1人の確率で。

立教もセインツもI谷さんも相変わらずですが、小さい人間に これ以上 関わるのは人生の無駄だと理解する。

9,999人を騙してオリンピックを目指す、普通の体操クラブは嫌だと私はセインツを降りた人間です。

本気で世界を目指す人達に、ちゃんと世界一まで案内できる道筋は掴みました。

まずギネスを取って、世界一とは何か感じて欲しい。それでもオリンピックを目指すなら目指せば良い。世界一の1つも取れないで、オリンピックなんて行ける訳が無いだろう。


昨年は元オリンピック選手達に言いたい放題、他のスポーツでも上の方の人間が恥ずかしい行いを繰り広げました。

自分も世界一をひとつでも取って言い返してやろうと敵対心 燃やしていましたが、実際にタイトルを取ってみたら世界の見え方は変わる。

他人の足を引っ張ったり利権にしがみつくのは小さい人間のやることだ。

自分はそんな恥ずかしい人間には なりたくない。これから世界一に連れていく生徒達にも、そんな大人になって欲しくない。

体操だけやってたんじゃ駄目になる。
もっと広い視野を持って、もっと色んな人生経験を体験して、素敵な大人になって欲しい。

立教が変わらないのは卒業生として恥ずかしい限りですが、もう前だけ見ていく。私がかつて立教から学んだ事はもっと素晴らしい事だったから。


前を向いて歩いてゆく人を全力で応援する。立ち止まって動けない人に寄り添う。それは今まで通り変わらない。

他人を蹴落としたり、足を引っ張る人間とは関わらない。それを ここに誓う。

__________________________


2019年1月22日追記
拝啓 塚原 千恵子 様



この度は直筆のお手紙を頂きまして、大変 恐縮しております。

昨年の騒動の際に初めてお会いさせて頂きましたが、マスコミが報道するような人物像とは全くかけ離れていたことは元より、辛い立場に置かれた中でも体操界のこと、代表選手達のことを第一に想うお姿に感銘を受けました。

過去に体操業界の中で出回っていた噂なども、別の派閥の方達が捏造してきたデマだったという事を直接お会いし、直接お話したことでハッキリと確信しました。


お会いした際にも伺いましたが、塚原光男氏がラビッツと私の名前を出した日刊スポーツの記事がありました。
https://www.nikkansports.com/sports/news/201809070000436.html

実際には そうコメントしたのではなく、そう書いた記者の確認を承認しただけだったとのこと。承認だけなら一字一句 細かく目を通さない事かと思います。
これにより、ラビッツを塚原派 認定して2極化の構図を作ろうとしたのはマスコミ自身だと理解できました。

また新年の休みに関西方面の体操仲間と会ってきましたが、彼は書面にて某TV局に暴力の詳細を送ってくれていたそうです。更になぜ真実を放送しないのか問い合わせたところ、「売れないネタだ」と公表しなかったそうです。

これまではパワハラ騒動を先導してきた某TV局以外は真実を知らないため、一斉に誤った報道に流れてしまったと解釈していましたが・・、知っててこのパワハラ物語を週刊誌、スポーツ新聞、TVのワイドショーとタッグを組んで作り放送していたのだと、近年のマスコミの怖さを勉強させて頂きました。

一般の方達にも、TV越しに不意に悪意が向けられるだけでなく猛烈に襲ってくる事がある世の中であったという事を、理解してくれたらと思います。

お手紙の中でも書かれていましたが、名誉棄損の訴訟については、そのようにされるのが得策かと思います。

体操界隈、極寒の候ではございますが、塚原家の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

ラビッツ体操塾 浅香実津夫



問い合わせ:reset@sick-house.com since 2010.1.1© (財)新座市体操協会 All Rights Reserved.